2020年7月22日水曜日

移転いたしました

この度、甲府メンズメディカルクリニックは、年初来のコロナ禍において複数の患者様を診療するにあたり、当テナントの診察室で換気を含む感染対策を十分に行うことが難しい為、コロナ時代のNew Normalに最適化した遠隔診療を主力としたクリニックに進化するべく、開院14年目の令和2年7月22日に移転しました。初診・再診ご希望の場合はこれまでと変わらず診療致しますので、お気軽に050-1033-8926にお電話ください。なお、クリニック名称(甲府メンズメディカルクリニック)、電話番号(050-1033-8926)、ホームページ(kofu-mmc.com)、メールアドレス(kofummc@gmail.com)に変更はございません。今後とも甲府メンズメディカルクリニックをよろしくお願い申し上げます。

2020年3月3日火曜日

性病もこじらせてはダメですよ

寒かったり暖かかったりする日が極端に入れ替わるこの頃です。新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策の一つにコマメな換気が挙げられています。長時間の密閉空間滞在が感染リスクを上げるとのこと。今日みたいな暖かい日は窓を開けると気持ち良いですが、寒いとせっかくエアコンで暖かくなった部屋が寒くなるかと思うとついつい換気をさぼり勝ちですが、そこを何とか我慢して、意識的に2時間おきくらいに換気してゆきましょう。COVID-19は重症化する前の治療が肝心との話をニュースなどで耳にすることが多いと思います。でもこれってどんな病気にも、いや人間関係やミスをリカバーする際にもあてはまりますよね。何だってこじらせたらダメなんです。とは言うもののCOVID-19は特効薬がないからと、初期だろうがこじらせようが医療現場は手探りです。それに引き換え、性行為感染症(STD)はいずれも抗菌薬で治療できるのです。そしてご多分に漏れず未治療のまま放置していると重症化します。でもこれはある意味目に見えない重症化と言えるのかもしれません。その筆頭が男女とも妊娠能力に影響すること、特に女性では子宮外妊娠や死産の原因にもなってしまうということです。ご本人が死に至るということはおそらくないでしょう。でも将来生まれるべき命が生まれないというのは大変重い問題です。それ以外にも骨盤や腹部の慢性疼痛を引き起こしたり、HIV感染リスクも増大しますから、早期に適切な治療をすることが必要なのです。性行為という究極の濃厚接触で感染する各種STDはCOVID-19より封じ込めやすいですよね。なぜなら感染機会について心当たりがある場合がほとんどだからです。早期発見、早期治療が大切です。3月7日(土)予約枠若干空きがございます。お心当たりの方は甲府メンズメディカルクリニックまでお問合せ、ご予約ください(050-1033-8926)!!

2020年1月23日木曜日

「世界最強」??????

記録的暖冬とは言っても、肌感覚では寒い日は寒いですね。ただよくよく考えるとそれも年明けてからやっとという感じでしょうか?そういえば一番寒いときに着るコートを今冬はまだ着ていないような気がします。さて、ニュースでご存じの方も多いと思いますが、先日「発毛薬で世界最強」だの「バイアグラの2倍の成分量」などとうたって国内未承認の外国製発毛剤を約1000人の顧客に販売していた輩が逮捕されました。医療品医療機器法違反の容疑です。販売していた発毛薬は「ミノキシジル」という成分などを含む内服薬で、 この成分は付け薬としてしか国内では承認されておりません。「ミノキシジル」を含む内服薬をめぐっては、一昨年、個人輸入された薬を服用して肝機能障害が起きた事例が報告されていて、厚生労働省が安易な使用は避けるようにとの注意を呼びかけています。 謳い文句「世界最強」は医療広告ガイドライン的には完全アウトです。「バイアグラの2倍の成分」に至っては意味不明、そもそもの目的が違うではないですか。医師目線をはずして考えても、そもそもこういった怪しげな広告の店の商品、しかもまかりなりにも薬という口から入った粒が胃で溶けてその成分を体内に取り込むというモノをインターネット経由でいかにも怪しげな業者から購入するという行為自体信じがたいのであります。皆さん!!!どうか医薬品はまっとうな経路で入手していただきたい。処方医薬品は必ず適切な診療科の医師からの処方を受け入手してくださいい。と申しますか、薬剤を処方するかどうかは診察の結果医師が必要と考えた際に行う行為です。〇〇が欲しいと注文医療を行うことも避けた方がよいでしょう。薬の飲み合わせや個人個人の体質、持病などによって処方できる薬は違います。そのあたりの見極めが医師の仕事なのです。外国製品とくに医薬品先進国のアメリカやドイツの製品は確かに優れた医薬品も多く、自己責任で個人輸入などすることは可能かもしれませんが(それでも商売目的はダメです)、厚生労働省が承認するかしないかという線引きは、臨床データ、素人では集めきれない国内外で副作用情報、日本人の体格等々を勘案して行われていることです。承認までに時間がかかりすぎるという傾向には私ももどかしいと思うときもありますが、安全のためという大きな目的もその時間の中には含まれていると信じましょう。甲府メンズメディカルクリニックでは正規純正品を正規ルートで仕入れたAGA薬(ザガーロ、フィナステリド、アロビックス液)を専門の医師が処方しております。ご相談だけでもお気軽に!050-1033-8926。1月25日(土)処方可能です。電話による遠隔診療も承ります。