2019年3月3日日曜日

包茎

雨ですね。出かけるのは億劫ですが、春を感じます。今年の冬は特に乾燥していたし、雨はやっぱり草木や農作物の成長には必要ですよね。さて、包茎についてです。包茎は陰茎の亀頭が包皮で覆われた状態のことを指します。見た目を気にされる方が多いのは事実ですが、包皮で覆われていることで汚れがたまりやすいため臭いが気になる、勃起時には亀頭が露出するものの普段包茎の状態のため亀頭に傷がつきやすいので性病罹患率が高くなってしまうなどのいわゆる実害でお困りの方も多くいらっしゃいます。また、先端の包皮がせまく亀頭が露出しない真性包茎、上記のとおり普段は亀頭が包皮に覆われているものの勃起時は露出する仮性包茎、真性包茎の状態で無理に包皮を剥いた場合に起きてしまい狭窄をおこして元に戻らないカントン包茎に大別できますが、肥満による埋没型も包茎の1つに挙げてよいと思います。カントン包茎は狭窄がきついと激痛がおきますし、放置すれば先端が壊死する可能性もあります。また、仮性包茎は性病のリスクが高く、パートナーにうつしてしまって男女とも将来的な不妊のリスクをより負いやすいという点で注意が必要です。当然ながら包茎=性病ではないのでその点はご注意ください。あくまでハイリスクの要因として考えられるということです。このような点が気になる方は是非一度専門医院にご相談されることをお勧めいたします。甲府メンズメディカルクリニックでは院長が初診から診察を行い、患者様それぞれの状態に応じた処置をご提案させて頂いております。術後管理までトータルで院長が行いますのでご安心頂ければと思います。気になる方はお気軽にご相談からで大丈夫です。050-1033-8926もしくはkofummc@gmail.comまで。

2019年3月1日金曜日

梅毒

3月になりました。今週は2日おきくらいに雨が降って春を感じました。さて、梅毒はかつては非常に恐れられていた病気でしたが、ペニシリンの開発によって治療可能となりました。重症化すれば骨まで溶かし命にかかわる病気であることに変わりはないのですが、早期発見と治療によって重症化はもちろん、患者数が急速に減り、梅毒は過去のものと認識されるようになって久しいのです。そんな梅毒が近年流行しています。皮肉にもかかる人が少なくなって症例も減り、医者が梅毒と見抜けず根本的な治療を行わないまま放置してしまうケースが増えてしまったことも一因と言われています。さらに外国人観光客からの感染例が増えていることも原因と言われています。罹患者を統計上分析すると、若い女性の感染が増えたこと、以前は男性の同性間のアナルセックスによる感染例が多かったものが異性間のノーマルセックスによる感染が増えてきたことも特徴として挙げる事ができます。医師、一般の人々の梅毒に対する意識の低下が梅毒のアウトブレイクを呼んでいるようです。梅毒は早期発見、治療で治る病気です。一方でHIVなどより深刻な性病との合併比率も高く、早期に治療しておくべき感染症という言い方もできます。気になる方は是非、適切な時期に適切な検査を受けてください。また、母子垂直感染例も出てしまっています。ご結婚前のブライダルチェックや妊娠をお考えの方の念のため検査も切にお勧めいたします。甲府メンズメディカルクリニックに是非ご相談ください。3月2日(土)ご予約承る事可能です。050-1033-8926まずはお電話でおといあわせを!

2019年2月24日日曜日

EDその②

あっという間に2月最後の日曜日でしたね。年度末で何かと気ぜわしいですが、ゆっくりお休みできましたか?とは言いながら、ふらっと外に行きたくなるような気持ちの良い天気でしたが・・・。さて、昨日の続きです。EDとは①まったく勃起できない②勃起しても挿入すると小さくなってしまう(中折れ)③勃起しても最高の硬さにならない④挿入して勃起を一定時間保てるのに射精に至らないで萎える⑤オナニーでは射精できてもセックスの時はできないといった症状のことです。心因性、器質性、薬剤性の3種の原因に大別できるのですが、大抵の方は多かれ少なかれ心因性の要素を持っていらっしゃいます。子作りや仕事のプレッシャー、新しい彼女ができたなどが当てはまるかと思います。加えて加齢にともない生活習慣病なども組み合わさって器質性EDの要素も出てくるのかもしれません。心因性と聞くと、気の持ちよう一つ、治療が簡単そうですよね。でも、そういう風に軽く考えてしまうと、逆にプレッシャーになったりするんです。根本的には精神的ストレスやトラウマを取り除く必要があるため実はちょっと厄介なことなので、自分ひとりで頑張らず、気楽にED薬の力を借りて、ことセックスの勃起力という点においては憂いのないようにすれば良いのではないかと思っています。EDはもはや恥ずかしい病気ではありません。現代社会においてそのような状態に陥る方は大勢いらっしゃいます。まずはご相談からお気軽に。050-1033-8926が甲府メンズメディカルクリニックの予約専用ダイヤルです。シルデナフィル錠、シアリス錠、早漏防止薬など取り扱い、正しい服用の仕方等ご指導いたします。次回3月2日(土)処方枠ご予約可能です!

2019年2月23日土曜日

EDは治りますよ!

2月23日は富士山(2ふ2じ3さん)の日だそうです。あまり〇〇の日とか興味ないのですが、今日は富士山だったので、二日連続となってしまいましたが書いてしまいました。 最近のストレス社会、EDでお悩みの方が増えているようです。ED(勃起不全・勃起障害)というと最初からまったく勃起しない状態を思い描く方が多いかもしれませんが、途中で中折れしてしまったり最高潮の硬さにならないなど、通常時のようなSEXができない状態全般を指します。勃起障害により男性が望む満足なSEX(性交)ができない状態がEDなわけですが、当院にご来院される方からよく聞かれるのは、相手が満足をしているか心配で、それがプレッシャーでますますセックスを避けてしまうというお声です。たしかに、セックスはパートナーあってのことですので、お相手の満足もプレッシャーや不安や不満となってセックスそのものがストレスになったりしますよね。甲府メンズメディカルクリニックでは軽度のEDの診察、処方ももちろん行っております。EDなど今や恥ずかしい症状ではありません。誰彼かまわず喧伝するものではないですが、専門クリニックへのご相談はとにかくお気軽になさってみることをおすすめいたします。早めに対処して自信さえ取り戻せばEDは治ります。かかったらまたしばらくED薬の処方を受ければいいのです。お守り代わりにED薬を持っているだけで安心して臨めるという方も多くいらっしゃいます。恥ずかしいからなどと悩まず、甲府メンズメディカルクリニックにまずはご相談ください。050-1033-8926にて承ります。

2019年2月22日金曜日

コンジローマ

2月22日、ニャンニャンニャンの語呂合わせから猫の日だそうです。冬場は家にこもりきりになるという近所の方が飼っている猫ちゃんを時たま見かけるようになりました。日に日に暖かくなってきているのでしょうね。 それはそうと、このところ尖圭コンジローマの患者様が増えております。コンジロームは当院に限らずここ数年、非常に増えてきている性病です。イボのような物ではなく突起物がトサカ状なのが特徴で性器周りが非常に多いですが肛門などにできる方もいらっしゃいます。判別が難しいかもしれませんので、急にできたとか徐々に数が増えてきた、あるいは気になる行為をした・・・という方はお早目にご相談ください。甲府メンズメディカルクリニックのご予約、お問合せTEL番号は050-1033-8926です。事前ご予約をお願いしております。2月23日(土)若干、予約枠空いておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

2018年7月28日土曜日

梅毒がとまらない

嫌な台風ですね。線状降水帯とか、一昨年は東北地方に台風が初上陸したり、ついには台風が本州上陸後に東から西へと陸地を進むそうです。これは観測史上初とか、本当に天候変動を実感させられる出来事の連続で怖いです。加えて火山やら地震やら、気象庁や自治体に注意してくださいと言われても、どうすればよいのかわからないスケールの災害を身近にひしひしと感じております。ところで、どうすればよいかわかる災厄というものもございます。性病です。今年に入ってからも梅毒パンデミックが止まりません。性行為などで感染する梅毒ですが、昨年は44年ぶりに報告数が5000件を超し、今年も現段階で昨年を上回るペースで症例が報告されております。予防はできます。不特定多数の人との性行為を避けること、性行為の際は最初からコンドームをつけることです。ただしコンドームは避妊具であって性病防止器具ではありませんので万全とはいえません。これまで患者の大半は成人男性だったのですが近年の流行では20~30代の女性にも広がりをみせています。女性への感染がひろまったことで男性もさらに感染増ともはやとどまることを知らない感じです。風俗産業に従事する方のみならず一般へのひろがりも気になるところです。初期症状を見逃さないこと、疑わしい行為をしたら適切な時期に正確な検査を受け必要に応じ早期に治療を開始してください。1期から3期まで、その都度おかしいなという症状は出ますが、見過ごせば症状は自然にひいてしまい、その後は長い潜伏期間に入ります。そうすると知らずに感染させてしまうわけです。ご自身の健康にとって忌々しき事態であることはもちろん(4期に入ったら大変です)、感染源となってしまうことは更に問題です。梅毒は治る病気です。まず、感染しないよう気をつける、そして症状を見逃さないよう気をつけるを心がけて下さい。

2018年4月15日日曜日

とにかく予防、早期発見を!

和菓子屋さんの店頭、桜餅からチマキ、柏餅へと変わりましたね。どれも葉の香がうつりとても美味しく頂けるのですが・・・。 さて、古い資料を整理していて見つけたのですが、米国で2年ほど前に発表された研究結果によると、陰毛の手入れ(脱毛・剃毛)頻度が高いほど、性感染症のリスクが高まる可能性があるとのこと。研究規模も大きくなく設問に対する回答が自己申告だったようですから、さらなる研究結果が待たれるところではありますが、仮説としてはアリですね。性感染症のほとんどは性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触によるものとなっていますから、剃毛などで剃刀等を用いれば皮膚に傷がつくこともあるわけで、繰り返し行えば当該部位の皮膚は弱くなります。これは主に女性が注意すべき点かもしれませんが、男性しかり、剃毛する方もいらっしゃるかもしれませんし、皮膚の傷といえば、同様に、これからの季節、蒸れてできた亀頭包皮炎などを放っておくと性感染症に感染しやすい状態となってしまうわけで、ハイリスクのメカニズムは一緒です。皆さん、予防第一です。傷のある状態でのセックスは避けてください。またコンドームは性感染症予防具ではありませんが、しないよりした方が良いに決まっています。それでも心配になってしまったら、次は早期検査、早期治療に限ります。甲府メンズメディカルクリニックでは原因行為後、症状がなくともなんとなく不安という方でも診察、検査を行える性病科クリニックです。ご心配の向きは是非一度お越し下さい。